ニキビ原因と紫外線

紫外線は太陽より出でる目視できない光線の一種です。波長の違いでA波、B波、C波に分類されます。このうちA波とB波が地上に届き、厄介なニキビ跡を作り上げます。

 

年中降り注ぐA波は、パワーはありませんが皮膚のバリアシステムをすり抜けて深部まで達する事ができます。そこで肌のツヤとハリを出す膠原線維や弾力線維にゆっくり確実に傷をつけ、ニキビ跡に含まれる毛穴の緩みやたるみを引き起こします。

 

B波はその大部分が皮膚上層部しか影響を及ぼせない代わりに凄まじいパワーの持ち主で、時には真っ赤にして水疱を発生させる程です。皮膚は強力なB波に対処すべくメラノサイトを増やし光を吸収する色素を大量生産したり、表面を硬化させて身を守ろうとします。この作用が色素沈着や、ニキビ跡の素増加の一因となります。

 

皮膚にあまりメリットのない紫外線は回避するに越した事はありませんから、太陽が照りつける10時から14時の間は外出を避ける、帽子や傘、アームカバー等を利用するといった対策を施します。日焼け止めも効果的ですがニキビ跡のできた肌には刺激が強く荒れる事が心配されるため、保護剤としてワセリンを薄く塗布した上から日焼け止めを付けます。しかし日常生活ではできるだけ使用しないのが得策です。

 

在宅中や悪天候でも油断できません。A波は皮膚のバリアシステムのみならず窓ガラスや雲をも通過します。どこにいてもどのような天気でも紫外線を意識する必要があります。

 

紫外線はニキビ跡の他にも望まない老化を生じさせる皮膚の大敵です。紫外線をはじくはずの肝心の大気層が年を追うごとに減っている今、周到に応じていきたいものです。
ニキビ 治療を行う上では重要なことといえるでしょう。

ニキビ治し方教室新着記事

2014/04/13 01:54:13 |
ニキビを治す方法の一番効果的な方法と言えばやはり洗顔です。簡単に洗顔と言ってもただ顔を洗えばいいわけではなく、ニキビに効果的な方法があるのです。今回はその方法について説明していきます。回数としてはやはり1日2回程度が適切です。洗いすぎは皮脂などを逆に落とし過ぎて肌にダメージを与えてしまうので注意しましょう。これは日本皮膚科学会でも言われているそうです。洗顔する時に肌に触れる手はやはり清潔でなければいけません。洗顔前に一度手を洗う事といいでしょう。そして手を清潔にしたらぬるま湯を使用します。その理由として冷水は毛穴が引き締まってしまったり、熱いお湯は必要な皮脂を落としてしまうなど逆効果に繋がるか...
2014/04/13 01:54:13 |
手に入りやすいビタミンCも美白に有効ですよ。抗酸化の力も見られ、コラーゲン物質になることも知られ、血の流れるスピードを治療する力があるので、美白・美肌を取り戻すのなら誰にでもできる王道の方法です。皮脂(毛穴の脂)が垂れ続けていると、不要な肌の脂が出口をふさいで、より酸化してすっきりしない毛穴が生まれ、さらに肌から出る油(皮脂)があることで肌が回復しないというよくない結果が起こるでしょう。顔にある毛穴とそれに付随する汚れは25歳を目前にすると突然に目立つようになります。これは、30歳に差し掛かるにつれ顔の元気が消えていくため適切な治療がなければ毛穴が大きくなると言えます。実は肌のニキビは、別名「...
2014/04/13 01:53:13 |
家にあるからとなんでも美白コスメを使うことはしないで、「日焼け」や「シミ」の根源を認識して、美白への見聞を深めることが実は安上がりな方法だと想定されます頬の毛穴が汚く見えるのは陰影になります。規模が大きい黒ずみを洗浄してしまうという考え方でなく毛穴を何らかで隠してしまうやり方で、陰影も消していくことが可能になります。毎朝のスキンケアにとりまして丁度いい水分と質の良い油分を良いバランスで補って、皮膚が生まれ変わる働きや防御機能を弱くさせないよう保湿を着実に実行することが必須条件です「刺激があまりないよ」とここ数年高得点を獲得しているお風呂でのボディソープは誰の肌にもあう物、キュレル成分を含んだよ...
2014/04/13 01:52:13 |
顔にしわを作るとみなされている紫外線と言われるものは、すでにできたシミやそばかすの理由と言われている肌の1番の敵です。高校時代などの日焼けが、30歳を迎えるあたりから困ったことに生じてくることがあります。対策が難しい乾燥肌(ドライスキン)状態であるのは、皮脂量の減少状態や、角質に存在する皮質の減少傾向に伴って、細胞角質の水分を含む量が逓減している細胞状態のことです。美白目的のコスメは、メラニンが入ることで生まれる今あるシミ、ニキビ痕や目立っているシミ、肝斑に使って欲しいです。レーザーを使うことで、肌の造りが変異を引き起こすことで、肌が硬化してしまったシミも除去することが可能だそうです。日々のス...
2014/04/13 01:52:13 |
皮膚をこするくらいのきつい洗顔は、肌が硬くなってくすみのベースになるものです。手拭いで顔の水分を取るケースでも優しく優しく当てるだけでしっかりと水分を落とせるはずですありふれたビタミンCも肌に届いて美白を促します。抗酸化作用があるとともに、コラーゲンにもなると推定されますし、濁った血流を改善していく影響力があるため、早く美白・美肌を手に入れたければ実は安上がりな方法ですよ。スキンケア化粧品は皮膚がカサカサせずねっとりしない、あなたにあう物を買いたいものです。現状況の皮膚にお勧めできないスキンケアコスメを用いるのが実は肌荒れの主因ではないでしょうか。皮膚が代謝することと言えるいわゆるターンオーバ...
2014/04/13 01:51:13 |
手で擦ったり指でつまんで押さえてみたりしてニキビが残ったら、元来の状態にすぐに治すのは難しいことです。ニキビ治療法を身につけていき、もともとの肌を保持したいものです。遅いベッドインとかストレス社会も皮膚防御活動を低減させ、かさついた肌を結果的に作りますが、スキンケアの方法や生活習慣の見直しで、頑固な敏感肌も見違えるようになっていきます。毎夕の洗顔を行う場合や手拭いで顔を拭くケースなど、たいていはあまり考えずに痛くなるまでぬぐってしまっているとのことです。もちもちの泡でやんわりと丸を描くように優しく洗うように気を付けてください。よくある乾燥肌は体の全域に水分が十分でなく、ハリが見られなくなり年齢...

このページの先頭へ戻る